医師の転職には時期・タイミングが重要?

現在の医師の仕事を辞め、転職をする方は少なくありません。
しかし、タイミングを間違えてしまうと現在よりも待遇が悪化したり、年収が下がったりするおそれもあります。
転職はしたいと思ったときがベスト、と考える方もいらっしゃいますが、医師の転職に関しては間違いとも言えます。

もし転職をするのであれば、時期をしっかりと見極めることが大切です。
確かにすぐ転職したいという気持ちも分かりますが、転職に失敗するリスクもありますので、ベストなタイミングを見極め、転職を成功させることが重要になるでしょう。

医師の転職の時期はいつがベスト?


転職をするなら時期の見極めが重要ですが、通常時は求人が少ないこともあります。
ただ、どうしても辞めたいというのであれば、医師の求人に強い転職エージェントなどを活用し、自分の希望に沿った医療機関を紹介してもらう手段もあります。

しかし、自分で求人を探したい方や豊富な求人の中から比較したい方は、求人の多い時期を狙うのが良いでしょう。
医師は人事などの関係もあり、特定の時期に求人が集中する傾向にあります。
通常の企業や業種によっては通年募集されていますが、医師に関してはこうした特徴がありません。
タイミングを見計らうことは転職を成功させるために必要なファクターです。

案件が多い4月!乗り遅れる前に!3ヶ月前からチェック


医師の転職を成功させ、かつ求人をじっくり比較したいなら4月頃を狙いましょう。
4月は各医療法人も人事異動などが落ち着いた時期であり、求人数が一気に増える傾向があるのです。
この時期になると医師は売り手市場となるため、年収アップ・キャリアアップを狙うのであれば最適な時期と言えます。

ただし、条件の良い求人は競合(ライバル)も少なくありません。
面接を受けても不採用となるリスクもありますので、しっかり準備をしてから面接に挑む必要があるでしょう。
転職は準備が必要でもあります。
できれば3ヶ月程度前から転職準備を始め、勤務中の病院などで退職に向けた相談をおすすめします。

医師としてどのようなライフプランにしたいかが重要


医師が転職をする理由は様々ありますが、失敗する可能性があることにも注意が必要です。
転職を成功させ、さらなるキャリアアップを実現するためには、どのようなライフプランを望むかを一度思い描いてみましょう。

医師の仕事は忙しいため、ライフプランを描くことは難しい側面もあります。
しかし万全な状態で転職を実現するためにも、ライフワークバランスのプランニングは重要になるでしょう。
例えば年収を重視するなら、各種手当や当直の有無、オンコールなども考慮に入ります。
逆に家庭との両立を考えた場合、QOLを重視して選ぶことになるでしょう。
いずれにせよ、ライフプランニングは欠かすことができない要素と言えます。

転職に向けた引き継ぎも忘れずに


転職を意識し始めると、つい転職に気が向いてしまいがちです。
しかし、円満退職するためには引き継ぎもしっかり行いましょう。
転職ばかりに気が向いてしまうと、患者の治療はもちろん、引き継ぎを行う医師の業務にも支障をきたすおそれがあります。

退職するまで期間が空く場合も珍しくありませんが、スタッフとのコミュニケーションは欠かさず、スムーズな引き継ぎを実現することが重要です。
転職に向けた準備を進めるとともに、引き継ぎのための計画も立てておきましょう。
引き継ぎを上手に行えば円満に退職できますし、不満を残すことなくスムーズに転職できます。