眼科医の平均年収は?


眼科医は比較的残業が少ないうえ、オンコールや当直もめったに発生しないのが特徴です。
その一方で年収は高めの水準になっており、勤務時間や仕事内容などを考慮すると非常に魅力的な診療科と言えるでしょう。

一般的な眼科医の平均年収は1300万円~1400万円。
医師全体の平均年収はもう少し高めの水準になっていますが、これは様々な手当を含んだ場合の話です。
眼科医は外来診療がほとんどであることや、オンコールなどがほぼ皆無であることを考えたら、眼科医の年収は非常に高水準と言えます。

勤務医に限った話ですが、眼科医の年収は非常に幅広く、2000万円程度の年収を得ているケースもあります。
ただし、ほとんどの方は上記の金額の範囲内に収まるでしょう。
一方で1000万円以下の求人も中にはありますので、平均年収以上を得たい場合は注意が必要です。

また、眼科医の年収は地域や医療機関の規模の影響も受けます。
都市部の医療機関は年収が総じて高い傾向にありますが、地方の場合は平均を下回る場合もあります。
更には総合病院・大学病院と個人医院・小規模病院を比較した場合、前者のほうが平均年収は高めの水準です。
眼科医といえど、このような違いがあるため、年収アップを目指す方は求人の募集要項を確認しておきましょう。

皮膚科医の平均年収は?


皮膚科医も眼科医と同じようにオンコールが少なく、かつ当直もさほど無いのが特徴です。
残業も少なめになっていますが、その反面残業代や手当も減るので注意しましょう。

平均的な年収は眼科医よりも若干高めの傾向にあります。
皮膚科医の平均年収は1500万円ほどであり、眼科医と比べて100万円~200万円高めです。
内科医や外科医など、他の専門医と比較した場合はやや低めとも言えますが、QOLを加味すると高水準と言えるでしょう。
ライフワークバランスを取りやすいうえ、高い年収を得られる点が皮膚科医の強みです。

しかし、眼科医と同様に地域・医療機関の影響を受けることや、平均年収を下回る求人もあることに注意が必要です。
医師としての経験や、スキルが年収に影響する点も注意するべきでしょう。
皮膚疾患に関する臨床経験や、研究論文の発表を行った経歴があれば年収2000万円超えも難しくありません。
一方、未経験だと年収が平均以下になる可能性もあります。
今までのスキル・経験は重要なファクターになっており、活かせるかどうかが年収を決めるカギと言えます。